ワンコと我が家の日常を綴っていきます。 メイの事、マオの事、虹の橋へ行ったクーの事、介護の事等色々と書き記していきます。

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

めいとまお

Author:めいとまお
メイ 本編の主人公 
   どうぶつ福祉の会AWSよりお嫁にきました。
H29.1.24天使になりました。


フリーエリア


2017年AWSカレンダー発売中

おひとついかが?

収益は保護犬・猫の医療費やフード代になります。 一部500円(税込、送料別)机置タイプ  バナー


田老町復興絵はがき

「お留守番犬・ホッピーの日々」の母ちゃんの故郷・田老町 その復興の様子が絵葉書になりました。 写真をクリックすると詳細に飛びます。 バナー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


メ-ルはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


心からの御礼
残暑お見舞い申し上げます。

クーが虹の橋に旅立ってからもうすぐ一週間が過ぎようとしております。
クーには皆様より暖かく、丁重なお言葉を頂きましてありがとうございました。
10ヶ月の短い縁ではありましたが、最後に皆様のお言葉に送られ旅立つ事ができ
本当に幸せな仔だったと存じます。

クーを最後まで治療して下さいました「宮動物病院」の院長先生、副院長先生には
心より御礼を申し上げます。
副院長先生は、夜通し付き添い、又休診日もずっと付き添って治療して下さいました。
クーは本当に苦しむことなく、安らかに、眠る様に旅立ったそうです。
又、クーを無言の帰宅ではありましたが、送ってくださり本当にお世話になり続けました。

私が泣いていますと、メイがとても不安そうな顔をします。
メイはクーが二度と戻って来ない事を判っている様で、いつもクーと寝ていた敷物に
一人でポツンと寝ています。
(ただし、就寝時は私のベットで一緒ですが・・・)

ですので、もう泣かない様にします。
泣いても泣いてもクーは帰ってきません。
もう、苦しむ事の無い、暑さ寒さも無い処にいるのですから・・・
クーには、我が家の仔として迎えた証明書を持たせました。
きっとそれを持って我が家歴代のワンコ達の仲間入りをした事でしょう。
又、ブログでお知り合いになった、「ヨーキーのここだけの話」様
まる太君、ポン太君とも会えたと思います。

今回、ブログを始めて本当に良かったと思いました。

直接コメントを下さった方々、クーの事をご自分のブログに記載して下さり
それにコメントを下さった方々、そして拍手でクーを送って下さった方々、
お世話になり続けました「宮動物病院」の院長、副院長先生、又ご多忙の処、クーを見送りにいらして下さいました、「犬の美容室 コットンキャンディ」のオーナー様、に父共々心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

画像2 917
8月2日(土)に撮った写真です。最後になってしまいました。

クーの事は、我が家歴代のワンコの思い出と共にこれからも登場する予定でおります。
今後共宜しくお願い申し上げます。


スポンサーサイト


コメント
こんばんは
預かっていたももちゃん、たった五日しかいませんでしたが
それでも、いなくなった後おたぴはずっと、ももちゃんがいた
小屋の中のももちゃんの使っていたクッションの上でじーっと
伏せてました。
10か月一緒に暮らしたメイさんには、もっともっと思うことが
あるんでしょうね。
でもきっと、先に逝ったコ達がちゃんと迎えてくれますから。

涙無しに思い出せるようになるには時間がかかるかもしれませんが
ご無理なさらずお過ごしくださいね。
[2008/08/13 21:02] URL | とどくろっと #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/08/13 22:49] | # [ 編集 ]

とどくろっと様
ありがとうございます。
ワンニャンズはきっと仲間と認めた仔は一緒にいる日数なんて関係ないのでしょう。
おたぴ君も、ももちゃんを仲間と認めて一緒に暮らすんだと思っていたのでしょうね。
メイにとってクーは年上でも弟分でした。
家中を走り回って、クーの前で「遊ぼ、遊ぼ!!」と言う様に鳴いていました。
クーは穏やかで、自分より小さい仔が大好きでしたのでメイとは気があったのでしょう。
マオがサ-クルより出ている時はメイと一緒に私の部屋に入っていましたから・・・。
多分「一緒に居て当たりまえ」という気持ちだったと思います。
メイの居ない所では、まだまだ涙がでてしまいます。
あまり泣いていると今度はクーが心配すると思います。
なんとか又前を向いて歩ける様に頑張ります。
クーの入院から此の方、賜りましたご厚情には深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
アップしなければならない事が多々ございます。
たまにクーが思い出部屋から出てまいりますが、
そのおりには宜しくお願い申し上げます。
[2008/08/14 08:47] URL | 鹿村 #- [ 編集 ]

鍵コメ様
ご丁寧にありがとうございました。
本当に急逝でした。
なかなか気持ちの整理がつきません。
クーとの出会いよりのブログを読み返して頂きましてありがとうございます。
貴ブログよりメールをさせて頂きます。
夏ばてされません様にお過ごし下さいませ。
[2008/08/14 08:50] URL | 鹿村 #- [ 編集 ]


え、クーちゃん具合悪かったんですか?
なかなかブログ回りできなくてようやく伺ってびっくりしています。
いつかはおわからが来るとはわかっていても何か割り切れない気持ちがあるのでしょうね・・・
ご冥福お祈りします。
[2008/08/15 08:58] URL | ロビンまま #3xnh0N1k [ 編集 ]

ロビンまま様
ご丁寧にありがとうございました。
しんじられないぐらい本当に急逝でした。
人間はどうしても送る立場です。頭では理解しているのですが・・・・。
クーは虹の橋でお友達と遊んでいると思います。
いつかは、めぐり合う事ができると信じております。
ありがとうございました。
[2008/08/16 10:58] URL | 鹿村 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yasukosikamura.blog21.fc2.com/tb.php/42-464c5ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY