FC2ブログ
ワンコと我が家の日常を綴っていきます。 メイの事、マオの事、虹の橋へ行ったクーの事、介護の事等色々と書き記していきます。

09<<  2009.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

めいとまお

Author:めいとまお
メイ 本編の主人公 
   どうぶつ福祉の会AWSよりお嫁にきました。
H29.1.24天使になりました。


フリーエリア


2017年AWSカレンダー発売中

おひとついかが?

収益は保護犬・猫の医療費やフード代になります。 一部500円(税込、送料別)机置タイプ  バナー


田老町復興絵はがき

「お留守番犬・ホッピーの日々」の母ちゃんの故郷・田老町 その復興の様子が絵葉書になりました。 写真をクリックすると詳細に飛びます。 バナー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


メ-ルはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


雑感
これは、まったくの私見であります。
色々とご意見もおありだと存じますが、曲げてご高覧下さいませ。



「性善説」と「性悪説」、「権利と義務」


日本の法律を見ていると「性善説」に基づいて作成されているのな気がします。
「これくらいな事は詳細に決めなくても良心に従えば解るだろう」という考えですね。

裁判所での証人宣誓では日本は「良心に従い・・・・」と言うんだそうです。
欧米では「神に誓って・・・」だそうです。

で、性悪説といってはなんですが、「海の都の物語」にこんな一節があります。
「ウェネチア共和国政府は、議員の自主性に任せて、会議での出席率が低いと嘆くより
 正当な理由のない欠席には罰を与える方を選んだ。」
(ヴェネチアが共和国の時代の話です。)
画像2 3026

欧米の法律はだいたい「性悪説」に基づいて作られているのが大半と聞いています。
ですから、いろいろな事が法律という網で細部まで囲まれています。
個人、企業等問わず違反すれば、些細なことでも罰せられるそうです。

日本でマスコミで取り上げ始められた劣悪な繁殖業者。
今の愛護法では「虐待したら犯罪」と書いてありますが、具体的な虐待事項までは
踏み込んでいません。
「水、エサを与えない」「何度も繁殖させる」「狭いゲージに入れっぱなし」等、
素人には虐待と思えても、法律に具体的な表現が無く警察、行政に訴えても
なにもしてくれません。刑事告訴をしないかぎり・・・
画像2 3028
良心には個人差があると思うんです。良心がない人間もこのごろ多く見かけます。

こういう人間が必ず言うことは「○○の権利がある」「価値観が違う」です。
権利があれば義務もある!!
企業も業者も利益追求はあたりまえの経済活動です。
利益を出して、従業員の給与を払い、税金を払うのですから。
ですが、そこには自ずと「義務」あると思うのです。

行政もしかりで、いったん許認可を降ろしてしまうと、なかなか取り消しません。
どんなに悪徳であろうとです。司法の判断がでるまで・・・

画像2 3027

この様な法律は改正したほうが良いのではないでしょうか?
蛇口を〆なければ水は流れ続けます。
コップの数には限りがあります。蛇口を閉めるためにも
下記の署名活動にご賛同いただきます様お願い申し上げます。




ブリーダーを免許制に、生体販売の制限等
「動物愛護管理法の改正」を求める署名は こちら 
匿名可能ですので、趣旨にご賛同頂けましたらぜひお願い致します。

目標は10,000人 一人一人の力は小さくても、集まれば大きな力となります。
「千里の道も一歩から」 よろしくご協力をお願い申し上げます。
こちらもブログ転載歓迎です。




スポンサーサイト





Design&Material By MOMO'S FACTORY